読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まますてっぷ。いちにのさん。

子育てライフハック

【手作り】 舐めても安心☆初めての知育絵本にもおすすめな「ぷくぷく布絵本」

手作りグッズ 手作りグッズ-本・おもちゃ

f:id:ryamamama:20151124211815j:plain

「手をよく使わせなさい。手づかみ食べがおすすめ」とよく耳にしますよね。手先を動かすことが脳を刺激し知育的に優れているためです。でも私は手づかみ食べもいいのですが「遊びの中で手をよく使わせたい」と思っています。今回は市販品のような派手さはないのですけど、娘の反応もよくて主人と私にも思い入れがある、手作りのふかふか布絵本をご紹介します。

 

 

 

 

そろえるもの・おすすめ

フェルトと針と糸と綿、それと、チクチクできる時間さえあれば誰でも世界に一つだけのオリジナル布絵本がつくれます。

f:id:ryamamama:20151124221047j:plain

絵本を閉じたときに「ぽってり分厚い感じ」にしたくて、ぷっくりふかふかになるように綿を入れています。使い込まれた感が毛玉から漂ってますね、それだけ娘がよく手にとって遊んでくれるからです。サックリと材料をお伝えします。

縦横15cmの正方形・厚さは5、6cmの大きさ、綴じ込みページは6枚に仕上がります。色や綴じ込みページ数は好みに応じてくださいね。

 

  • <A.表裏面用> ユザワヤさんの「洗えるフェルト 」(縦30×横30×1mm厚)1枚
  • <B.中ページ用> ユザワヤさんの「洗えるフェルト」(縦15×横15×1mm厚) グリーン系/イエロー系/ピンク系 1式ずつ
  • <C.綴じ込み中芯用> 上記の「洗えるフェルト(1mm厚)5枚入り」
  • <D.イラスト用> 上記の「洗えるフェルト(1mm厚)5枚入り」
  • <E.ふかふか用> 手芸わた 100gほど

 

 
赤ちゃんは赤色・青色・黄色などの原色をみることで脳が刺激をうけるのでフェルトは原色でカラフルがおすすめです。私は色覚えにいいかな、と考えて色んな色の丸を表紙にくっつけてみました。また、赤ちゃんは舐めまわしてしまうので「ウォッシャブル/洗える」フェルト素材が衛生的でおすすめです。原価としては700円くらい。フェルトはかなり余るので他のおもちゃで使いました。
また、表裏面のフェルトは厚手でシッカリとしたフェルトがおすすめです。薄手ですと毛羽立って来たり、絵本の形が崩れやすくなると思います。
 
 
 

つくりかたとか、デザインとか。

デザイン、なんて大層な代物でもないので言い方を変えますと「赤ちゃん受けするような丸っこいフォルム」を意識してお好きな絵柄で図案を作ってください。私は自分が好きな、うさぎ・りんご・くま・てんとう虫・ひよこ、そして、亀の6枚を綴じ込んでみました。
 

f:id:ryamamama:20151124224734j:plain

 

f:id:ryamamama:20151124224834j:plain

 

f:id:ryamamama:20151124224907j:plain

気付かれた方、するどいです。そう、「亀」さん。なんとなくテイスト違いますよね。夜な夜なチクチク縫っていたところ、主人も「俺もなにかしたい!」と申し入れを受けましてね。「じゃあなにつくる?」の問いかけに超絶リアルな亀の絵をご提示いただきまして。ツワリでどんよりした気分が一気に晴れるほど笑い転げました。何回か修正を繰り返し縫い方を手ほどきしまして、亀さんページを仕上げてもらいました。
 
 
 

カラフルなフェルトを綴じ込んで縫い上げていくと作れます。

サックリと作り方をお伝えします。
  • 1.材料で記載したA~Cをそれぞれ裁断します。色はお好きなものをどうぞ。

   A.表紙用フェルト1枚を縦15×横30に裁断。

   B.綴じ込み用フェルト6枚を縦15×横14.5に裁断。

   C.綴じ込み中芯用フェルト1枚と縦15×横1に裁断。

  • 2.D.イラスト用のフェルトでお好きな図柄を切り揃えます。
  • 3.上記2で切り揃えた図柄をB綴じ込み用フェルトにそれぞれ縫い付けて1枚ずつページを仕上げていきます。図柄を縫い付ける際は綿を例えば、ウサギのお顔などに入れ込んであげると、ぷっくり仕上がってかわいくなります。
  • 4.上記3で仕上げたページ同士を縫い付けたものを2組つくります。
  • 5.表紙面の内側にも上記3で仕上げたページ2枚を左右の端から縫い付けます。
  • 6.綴じ込み中芯用のフェルトを見開きページに縫い付けます。
  • 7.表紙面にも飾りつけをして完成です。

 

f:id:ryamamama:20151124234825j:plain

ちなみに私は「マルとシカクって真っ先に覚える形かな」と思い、裏表紙には3つの四角で飾り付けてみました。

 

 

 

娘の反応

生後2ヶ月頃からリンゴには何かしら反応していました。きっと赤くて丸いのが分かりやすかったのだと思います。生後4ヶ月頃は舐めたり、持って振り回したり。生後半年以降は毎日何度か触り、自分でめくったり、糸の端をつまんだり、でこぼこの手触りを楽しんでいます。「物に名前があるようだ」と気付いてからは表紙のカラフルな丸を指しては名前をきいてきます。また、絵本が好きになるきっかけにもなったようでして、紙の絵本も大好きです。主人も「俺がつくった」的に満足げに布絵本で一緒に遊んでいるのでご主人といっしょにつくられるのもおすすめします。
 
 
他にも素材別や仕上がりまでに必要な時間別に手作りベビーアイテムをご紹介していますのでよろしければのぞいていってくださいね。
****