読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まますてっぷ。いちにのさん。

子育てライフハック

【絵本】 2歳児が繰り返し読んで覚える☆「ぐりとぐら」おすすめ3冊

知育・育児便利グッズ 知育・育児便利グッズ-知育グッズ

今回は「娘が暗記するほどお気に入りの絵本」のお話です。何度も繰り返して読みたがり、いつしか丸暗記してしまった絵本が何冊かありますが、その中でも「ぐりとぐら」シリーズはお気に入りのひとつ。柔らかいタッチで思わず口ずさみたくなる歌や食べ物の描写がとても印象的な「なかがわりえこさんの絵本」でおすすめ3冊をご紹介します。

 

 

 

 

 「ぐりとぐら」の誕生秘話:姉妹で描くお話

数多くある絵本の中で著名な絵本作者の方は少ないと思いますが、「なかがわりえこさん・やまわきゆりこさん」コンビはご存じな方も多いのではないでしょうか。私自身も小さい頃にこの「ぐりとぐら」は何度も読んでおり大好きな絵本です。

この「なかがわりえこさん・やまわきゆりこさん」は本当の姉妹で、作者の中川さんは保育園で保育勤務のかたわら、絵本の創作をしていたと知り得てからはより一層、大好きになりシリーズを揃えるほどになりました。作者はお茶目な方なのだなーと感じるのは、関連絵本にも「ぐりとぐら」などがヒョッコリと隠れていること。娘と「アレー、ぐりとぐらちゃんがこんなところにいる!」などと見つける楽しさがあります。

 

 

 

「ぐりとぐら」おすすめ3冊・番外編

娘は2歳4ヶ月なので物語すべてを理解できてないかもしれませんが、何度も繰り返して読みたがるお気に入りをご紹介します。

 

 

かすてらを作りたくなる☆「ぐりとぐら」 

 

シリーズ第一作目の「ぐりとぐら」は、なんと50年以上前に描かれた絵本。推薦図書にもなるほどの定番ですが、淡い色使いや細部のこだわりなどから絵の古さを全く感じさせません。

料理をすること、食べることが大好きな双子ののねずみですが、保育園の年長さんにあたる年頃なのだとか。自由にのびのび暮らし、いつも歌ったり踊ったり失敗しても「ヘイキヘイキー」と笑い飛ばす明るさに、母親になった今はすごく共感する部分です。

 

 

物語内容としては、森の中で見つけた大きな卵を二人で工夫しながらカステラを作り、森の仲間たちと分け合って食べる、というものです。森や川辺の生き物が様々に描かれており、娘と一緒にセリフを色々とアテレコしながら読み進めるのがお決まりになっています。

そうそう。小さい頃に読んだ時も「かすてらが食べたい・・・!」と思いましたが、数十年経った今も娘に読み聞かせながら「かすてらが食べたい」気持ちはかわりません。

「ぐりとぐら」シリーズの中でもやはり一番好きなのはこの第一作目ですし、おすすめです。

 

 

思わず、先を読み進めたくなる☆「ぐりとぐらのおきゃくさま」 

「えー、なんだろうね?」「だれかなぁ」と言いながら娘はワクワクして読む絵本が「ぐりとぐらのおきゃくさま」です。珍しく縦型絵本になっているのも「大きなおきゃくさま」感を醸し出しています。

 

 

物語の内容としては、雪深い森で大きな足跡を見つけた二人がテクテクと足跡をたどると、自宅でサンタのおじいさんが特別に美味しいお祝いのチョコレートケーキを焼いてプレゼントしてくれる、というもの。

 

 

お家の中を探し回るさまが楽しいらしく、娘のお気に入りです。個人的にはマントと毛糸の帽子・ブーツ姿が何とも可愛らしくて、娘も同じようなマントコートにブーツ、ニット帽子をかぶらせてお散歩しています。娘も「ぐりとぐらみたい~」とお喋りしながら歩いています。 シリーズでは春夏秋冬の洋服や小物で描かれているので、読み飽きることがないのも魅力だと思います。

 

 

 

お手伝い好きさんに変身☆「ぐりとぐらのおおそうじ」

 

ママのお手伝い好きなお子さんにおすすめしたいのが「ぐりとぐらのおおそうじ」です。イヤイヤ期が見え隠れする娘ですが「おじょうさん、お手伝いをお願いします~」と声を掛けると喜んで手伝ってくれます。中でも、カーテンを開けたり掃除の真似っこが大好きでして、「ぐりとぐらのおおそうじ」を読むとすぐに真似っこが始まります。

 

 

物語の内容としては、お家の大掃除をするために二人は「ぞうきんおばけ・ほうきおばけ」のような恰好で部屋中をスイスイと滑りながら大掃除をする様子を見たウサギがビックリ仰天する、というもの。でも最後はみんなで仲良く美味しいオヤツを食べるところが微笑ましいです。




「やぁ、まぶしい」といいながらカーテンを開ける、ぐりとぐら。娘も「やぁ、まぶしい」と言いながら真似っこします。また、双子のぐりとぐらはパジャマも洋服も小物なども全て色違いのお揃いで、そんな二人を見ていると「双子っていいなぁ・・・」と憧れたりもします。

 


シリーズ7冊セット・番外編

私は図書館で何度も読むうちに特にお気に入りになったのものだけを購入しましたが、7冊セットになっているものもあるようです。

 

ぐりとぐらの絵本 7冊セット

ぐりとぐらの絵本 7冊セット

 

これ以外にも「ぐりとぐらの1ねんかん」という大型絵本があり、まだ購入していないのですがかなり気になっています。購入した際にはご紹介したいなと考えています。 

ぐりとぐらの1ねんかん (日本傑作絵本シリーズ)

ぐりとぐらの1ねんかん (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

 

まとめ

f:id:sawamama:20170126114534j:plain

「ぐりとぐらちゃん、お風呂入るのかしらねー」とお喋りしている娘です。今回は親子で楽しめてお気に入りの「ぐりとぐら」シリーズをご紹介しました。関連本でお気に入りの「そらいろのたね」、「今日のお弁当なんだろな」などもいつかご紹介できればいいなと考えています。

今日も一日おつかれさまでした。最後まで読んで下さりありがとうございます。

 ------------------------

◆関連記事はこちらです◆

【保存版】 絵本好きがおすすめする「1歳・2歳児へ読み聞かせたい絵本30冊」

童謡・手遊び歌が大好きな2歳児のおすすめ「うたえほん」「うたえほんⅡ」

【0歳・1歳頃の絵本】 定番絵本や寝かしつけなどにおすすめ絵本8冊